調理師専門学校に進学する際のポイント|料理やお菓子作りの技術

文房具

調理に関わる学習

野菜を持つ人

将来的にホテルや飲食店などの食に関わる仕事に就きたいと考えている人は大勢います。そのような夢を持っている人が学ぶために通うのが調理師専門学校です。ここでは調理に関わる知識や技術を身に付けることができます。

Read

お菓子作りに必要なスキル

お菓子

お菓子作りといってもその種類は多数で、ケーキなどのよく食べられている洋菓子や昔から馴染み深い和菓子、製パンなどがあります。そのような多数のお菓子作りを勉強できるのが製菓専門学校の強みです。

Read

コースの違いと学費免除

パティシエ

製菓専門学校の多くは1年生課程と2年生課程の両方を準備している学校が多いです。両方の学科ともに1年目の学費は変わりませんが、2年生課程の2年目の学費は少し下がります。奨学金などを利用すれば学費の負担を下げることができます。

Read

資料請求と体験入学

笑顔の女性

調理師洗顔学校に進学する場合は、学校のwebページを閲覧するだけでなく資料請求を行なったりオープンキャンパス、体験入学に参加したりすることが大切です。資料請求は電話でもすることができますが、パソコンやスマートフォンを持っている人は学校のwebページから行なうと簡単でしょう。自分の興味のある学科や、名前、住所などを入力すれば1週間ほどで資料が自宅に郵送されてきます。多くの調理師専門学校はこの資料の中に学費やカリキュラムの詳細、入学願書などを封入しており進学するうえで必要不可欠な資料です。特に学費の部分はwebページに掲載されていない情報も多いですし、学費割引や奨学金などのお金に関する情報は資料で見るのが一番性格だといえます。
調理師専門学校の願書受付は10月からスタートするケースが多いです。それまでに願書や学校推薦などの書類をしっかりと揃えて置き、万全の状態にしておくのが大切です。このような書類関係の準備も大切ですが、それと同じくらいオープンキャンパスや体験入学も重要です。webページや資料だけでは分からない学校の雰囲気や設備環境の良し悪しは自分の目で見て判断するのが一番です。毎年、調理師専門学校の多くは4月から10月にかけて体験入学やオープンキャンパスを多く実施します。自分の将来を決める学校なので、興味のある学校や学科を見にいくのが良いですが、1人で参加するのが億劫だという人は友達を連れていくと良いでしょう。